気になる情報あれコレ okilog

気になること知っていたら役に立つ?かもしれない情報をお届け

正しい姿勢で腰痛、椎間板ヘルニアの予防をしよう

 

姿勢の悪さは骨盤のズレや歪みの悪循環を引き起こし、腰に負担がかかりやすくなります。そして体に様々な悪影響を及ぼし症状となって現れます。
日常生活において、正しい姿勢をとり、いかに腰に負担をかけないようにするかはとても大事なことです。

椎間板ヘルニアを含む多くの腰痛の治療や予防対策、再発防止として簡単にできることは正しい姿勢をとることです。
治療をしても姿勢が悪い生活に戻ってしまうと根本的な改善ができていないので、またすぐに腰が痛くなってしまいます。

正しい姿勢が出来ている人は、見た目も美しいです。正しい姿勢は椎間板ヘルニアの予防・対策に効果的です。
椎間板ヘルニアを含む、多くの腰痛は日ごろからの正しい姿勢で未然に防ぐことができます。


立った時の正しい姿勢

ポイント
・頭の真上から、体が糸で吊られている感覚をもつ
・軽くアゴを引き、背筋、膝を伸ばす
・真横から見て耳から肩、股関節、膝、くるぶしが一直線になっていること


壁を利用したチェック方法
背中を壁にあてて立ちます。

後頭部・背中・お尻・かかとが、壁につく状態が、正しい姿勢です。 

長時間同じ姿勢でいるのは避け時々体を動かして、姿勢を変えてあげましょう。

 

座る時の正しい姿勢

椅子
・お尻が背もたれに密着させる
・深く腰掛け軽くアゴを引く
・背筋をのばて、お腹をひっこめる

 

ひざがお尻よりすこし高く、足の裏がぴたっりつくのが理想的です。
イスが高すぎる場合は、足を台にのせるといいです。

 

座敷・床に座る場合
正座の姿勢が負担も少なく一番いいと言われています。足が痛い場合はお尻とふくらはぎの間に座布団やクッションを挟むと楽です。
あぐらや足のばして座ると腰に負担をかけてしまいます。

 

寝る時の正しい姿勢
リラックスできる姿勢であることがポイントです。
腰に痛みがある時の寝方は、横向きで少し前かがみの姿勢で寝ると負担が少なくて楽です。


仰向けの場合、ひざの下に枕などを置いて寝たり、腰にタオルを巻くなどすると寝やすくなります。

 

良くない寝具

やわらかいベッドや高すぎる枕は腰が落ち込んで反り過ぎてしまい、背骨が不自然に曲がってしまい、寝返りもうまく出来ません。

理想的な寝具は、背中、お尻が落ち込みすぎない。適度な硬さを持ったものが良いとされています。

 

歩き方
頭の真上から、体が糸で吊られている感覚で足のかかとから着地するように意識しましょう。

日常生活での料理や洗い物をするときはなるべく調理台に近づき、まっすぐに立ちます。足元に20センチくらいの台をおいて、片足を乗せながら作業すると楽です。

 

最後に
日ごろからの正しい姿勢は大事ですよね。
楽な姿勢でいると腰に負担がかかるだけでなく、猫背になったり、腰や背中回りに脂肪がついてしまう原因になってしまいます。
正しい姿勢を意識して健康な毎日をおくりましょう。