気になる情報あれコレ okilog

気になること知っていたら役に立つ?かもしれない情報をお届け

椎間板ヘルニアの症状・原因・治療・予防方法は?

腰痛で悩んでいるひとは世の中にたくさんいると思います。腰痛で病院にいっても原因を特定するのが難しいです。

そのため接骨院やマッサージに通い痛みをとるケアをしている方もいます。しかし腰痛が悪化すると椎間板ヘルニアという病気になってしまう場合もあります。


若い人に多く見られるようで日常的に腰に負担をかけている方は注意が必要ですね。

私もヘルニアに悩まされている一人です。
この記事を読んで椎間板ヘルニアについて知ってほしいとともに、腰痛で悩んでいる方、症状が似ている方の参考になればなと思います。

 

椎間板ヘルニアとは?

背骨のクッションである椎間板におこったものを椎間板ヘルニアと呼びます。
椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまうためにおこる病気です。
神経が圧迫されることにより腰痛、脚の痛みやしびれ、ひどい場合には感覚が無くなってしまったり、足が動かせなくなってしまう事もあるようです。

負担がかかりやすい頚椎と腰椎に症状として現れます。

20~40歳代の男性に多いのが特徴です。

 

椎間板ヘルニアの症状は? 

・腰からおしり、大腿部、下腿から足までの痛みしびれ
・咳やくしゃみ時の痛み
・感覚が鈍くなる
・膝や足に力が入らない(麻痺)
・尿や便が出にくい(頻尿になる場合もある)

一般に麻痺膀胱直腸障害(尿意や便意が感じにくくなる)は手術の適応となる場合が多いと言われています。

 

私の場合は、中腰の姿勢をとったときに腰から片足にかけて激痛が走りました。
普通の腰痛とはレベルが違いました。このときに病院に行けばよかったのですが接骨院にかかったので痛みを和らげる処置のみしてもらいました。

この時はまだヘルニアだと思っていませんでした。

ヘルニアと分かったのが腰痛が慢性化してよくならなかったので病院で見てもらうことにし、検査の結果、椎間板ヘルニアと診断されました。
腰痛を感じてから1年くらいたったあとです。

第4腰椎と第5腰椎の間の椎間板が神経を圧迫しているとのことでした。


椎間板ヘルニアになる原因は?

・椎間板への強い圧力です。
・喫煙や遺伝
・加齢による椎間板の老化
・重いものを持ち上げる、中腰、激しいスポーツ
・ストレス(不安、抑うつ、仕事)

 

私は、日常的に中腰になることが多かったので原因としては十分考えられると思います。


椎間板ヘルニアの治療方法は?
手術療法と保存療法の二つに分けられます。

 

手術療法
・直接椎間板を摘出するもの
・レーザーなどを用いて椎間板の圧力を減らし、ヘルニアを引っ込ませるもの

 

まずは保存療法で治療を開始しますが、数ヶ月行っても効果がない場合や
下肢の力が入りにくいなどの運動麻痺が進む場合に手術が必要か考慮されます。

 

保存療法
・投薬治療
・注射
・コルセットなどの装具療法

 

保存療法は痛みなどの症状に対する対処療法となります。
日常生活に支障が出る場合や重度の症状の場合を除き原則、保存療法で進められます

 

注射の効果は?

ほとんどの場合ヘルニアには局所麻酔の注射を打ちます。
これは痛みの信号をブロックすることからブロック注射と呼ばれます。
ブロック注射には鎮痛効果と、神経の周りを洗い流す効果があります。

 

電気治療の効果は?

電気治療器による鎮痛効果は個人差はありますが、やる価値はあるといえます。
痛みの治療をする上で、少しでも痛みのない時聞を作ることは非常に重要なことです。

 

椎間板ヘルニアを予防するにはどうすればいいの?

・中腰での作業や、重たい物を持つなど、腰への負担を避ける
・コルセットで保護
・筋トレ、柔軟性を上げる、などの体づくり

 

自分に合ったやりかたでヘルニアを予防していくのが重要ですね。

 

椎間板ヘルニアの検査方法は?
MRI
・CT検査
・造影剤を用いた検査
・筋力検査や感覚検査

 

MRIとは磁力を利用して身体の中を調べる検査で、神経や筋肉など軟らかい組織を鮮明に写し出すことができるので椎間板ヘルニアの検査に使われます。

他にも状態に応じてCT検査や、造影剤を注射する検査、筋力検査や感覚検査なども行われます。

 

椎間板ヘルニアは治るのか?
椎間板から突出したヘルニア塊はタイプにもよりますが数ヶ月で小さくなることが多く、それにつれて症状が改善するケースもあるようです。


日本脊髄外科学会によると80~85%は自然に軽快するとの報告もあります。
椎間板ヘルニアと診断されても治療を進めるにつれ自然に軽快する場合もあるのでヘルニアになったからといって手術しなければ良くならないと心配することもないと思います。手術をするのは日常生活に支障が出る場合や重度の症状の場合の一部です。