気になる情報あれコレ okilog

気になること知っていたら役に立つ?かもしれない情報をお届け

電子タバコ「フレンバー」の仕組み・メリットデメリット・コストは?

 

電子タバコとは電気でリキッド(液体)を熱し、煙のようなミストを発生させてそれを吸って味を楽しむというものです。

 
仕組みは?
電子タバコを構成する基本的な部品は3つです。
バッテリー、アトマイザー、リキッドを保持するカートリッジです。
カートリッジは吸い口になっている場合が多いです。
 
電子タバコは煙のようなミストが出ます。
カートリッジの中のリキッドが少しずつアトマイザへ染み込みんで電気が流れるとリキッドが高温になってミストになります。
そのミストを吸って味や香りを楽しむというものです。
フレンバーは、バッテリーを内蔵しており、バッテリーの電源を利用して発熱させ、蒸気を発生させます。
そのため、使用前には充電する必要があります。

バッテリーは650 mAhです。
約600~800回の吸引ができるため、一日外でつかっても問題ないです。
 
<詳細情報>
バッテリー仕様
650mAh 約600~800回吸引可能
長さ:81mm
直径:14mm
重さ:30g
 
アトマイザー仕様
長さ:72mm
直径:14mm
重さ:25g
 
カラーバリエーション(7色)
・ブラック
・ゴールド
・スカイブルー
シャンパンゴールド
・メタルクリア
・ホワイト

リキッドって?
電子タバコを吸うために必要な液体のことです。
味や香りなどバリエーションが豊かです。
フレンバーのリキッドは国内拠点の大阪工場で製造、生産されています。
大手国内メーカーの化粧品や医薬部外品なども製造、生産されている工場です。
※フレンバーのリキッドはニコチン、タール、有害物質を含んでいません。
国内製造品なので安心して使えます。
リキッドのほとんどは海外製品の物が多いので電子タバコの購入を考えている方はポイントとして押さえておくのもいいですね。
 
リキッドの種類
・アロマティークバニラ
・スウィートストロベリー
・ハードブラストメンソール
・マスカット
・グリーンティーミント
・ホワイトピーチ
・ストロングメンソール
 
男性向け電子タバコもあり、メンソール強めのフレーバーが人気です。
 
アトマイザーって?
リキッドを入れておくタンクの役割と、バッテリーから電気を受け取り熱を発し、
リキッドを蒸発させるものです。

使い方は?
使い始める前に充電をフルの状態にします。
アトマイザーのボトム部分を回します。
中心部の穴にリキッドが入らないようにゆっくりリキッドを入れます。
バッテリーとアトマイザーを接続します。
ボタンを5回連続で押し電源をONにしてボタンを押しながら蒸気を吸引します。
電源をOFFにしたいときもボタンを5回押します。
 
充電方法は?
バッテリーの底面にUSB充電器を差し込みます。
USB充電器とACアダプターを接続、またはPC等に接続します。
 
煙の量の切り替え方は?
フレンバーは、エアーコントロール機能があり、
水蒸気の煙量を調節することができるようになっています。
 
バッテリー電圧の切り替えをしたいときは、電源がONの状態で電源ボタンを2秒以内に連続で3回押します。
この操作でバッテリーの電圧のレベル段階的にが変わります。

電圧(V)が高くなると蒸気の量が多くすることができます。
緑に点灯で2.2V 青に点灯で2.7V 赤に点灯で3.6Vとなります。
 
メリットは?
・ニコチンやタールなど有害な物質を含んでいない
・スッキリとした香りや、甘い香り、メンソール系など種類が豊富
・リラックス効果を得られる

デメリットは?
・リキッドを使い切るまで味を変えられない
・定期的なメンテナンスが必要
・消耗品の交換費用がかかる(アトマイザー、コイル等)
・不具合、故障しやすい
 
コストは?
フレンバーコンプリートキット 4,980円(税別)
 
付属品
・取扱説明書
・バッテリー
・アトマイザー
・交換用コイル
・好きなフレーバー1つ
・USB充電器
・ハードケース

消耗品
・フレーバー  1,580円(税別)
・アトマイザー 3,380円(税別)
・コイル    1,680円(税別) 
 
この3つは定期的な交換が必要になってきます。
フレンバーの公式サイトから購入できます。
 
20未満でも使用できるのか?
雑貨という分類になっているそうなので、日本の法令上20歳未満の利用は可能ですが、
フレンバーでは20歳未満の利用は非推奨と公式で発表しています。
 
電子タバコを吸うときの注意点
電子タバコを吸う場所は、誰でも悩みますよね。
基本的に煙の出るものは人目に付きやすく電子タバコを吸う仕草や、
口から煙を出している様子はタバコを吸っているように誤解されても仕方ないので
喫煙禁止の場所では控えた方がよいのではというのが私の考えです。

もちろん賛否両論はあると思うのですべて自己責任でということになりますね。
社会人としてマナーを守って吸いましょう。