気になる情報あれコレ okilog

気になること知っていたら役に立つ?かもしれない情報をお届け

youtubeでラジオは著作権に引っかからないのか?

Youtube, ユーチューブのロゴ, ユーチューブのアイコン, アイコンを

 

youtubeでラジオ番組をアップしているユーザーは結構多いと思います。
テレビ番組や映画などは著作権の問題でよく耳にするけど、ラジオはどうなの?って思う人もいるでしょう。
今回はyoutube上でのラジオの著作権について触れたいと思います。

 

結論から言うとラジオ番組もテレビ番組や映画などと同じく著作権で守られています。

youtube上でアップされているラジオ番組の多くがお笑いです。

検索すればすぐに見つかりますし専門のチャンネルまであるほどです。


著作権親告罪なので著作権保有者が告訴しない限り罪になることはまずないです。
youtubeでは違法動画があれば著作権保有者(ラジオの場合はラジオ局や制作会社)がyoutubeに違法動画の申し立てをして削除してもらう形になります。

もしくはユーザーからの違法動画の申し立てがあった場合、削除されます。

 

なぜyoutube上にラジオ番組が多く存在しているのか?
ラジオは配信されている時間帯が深夜のものが多くリアルタイムで聞くことは難しいと思います。

youtubeでは好きなラジオ番組を好きな時間に聞くことができるのでユーザーに求められているのではないでしょうか。

そのため違法動画と分かっていても多くのユーザーに黙認されており動画が削除されず残り続けていると言えます。
もう一つ考えられるのがラジオ番組は知名度が低いためにyotube上で流してもらったほうが宣伝になる場合もあるということ。
テレビ番組と比べるとラジオ番組は規模が小さいので削除申請をして動画を減らすよりも多くの人に知ってもらったほうが得だとラジオ局や制作側が考えている可能性があります。

そのため削除申請がテレビ番組や映画などに比べて少ないのではないでしょうか。

このことからyoutube上のラジオ番組は違法ではあるがある程度黙認されているため多く存在しているといえます。