気になる情報あれコレ okilog

気になること知っていたら役に立つ?かもしれない情報をお届け

youtubeで著作権違反の動画の収入ってどうなってるの?

Youtube, ラップトップ, ノートブック, オンライン, コンピュータ


youtubeのの動画の中にはテレビ番組や映画、音楽など明らかに著作権違反しているものがアップロードされていますよね。
その動画の中には普通に広告が張られている物があったりします。

 

違法動画で広告収入は受け取れるのか?
基本的には受け取ることができません。
しかし違法動画でも広告収入が受け取れる場合があります。

youtube収益化プログラムの規約では著作権違反の動画は収益化できない明記されています。
著作権違法の動画は運営側によって削除や、アカウントの停止、収益の無効化といった対応がとられるのが普通ですがあまりにも違法動画のアップロードが多いため対応が間に合っていないのが現状です。

 

著作権侵害の動画は削除の申請があれば消されることになりますが、逆に言えば著作権侵害の申請がなければ消されることはありません。
このような場合に違法動画でも消されず収益化ができているというわけです。いずれは見つかり削除の申請がくると思われますが。


中には動画の削除やアカウントの停止などのリスクを承知で違法動画の投稿を繰り返している人もいるみたいです。
人気のあるテレビや映画、アニメなどをアップロードすれば再生回数が稼げるだろうと思ってのことだと思いますが・・

 

違法動画を見つけた時に私たちができることは?
youtubeでは著作権者からの申請がなくても、多くのユーザーから違反報告が寄せられれば、動画の削除やアカウントの停止などの処置をしてくれます。
違法な動画をアップロードしている人を見かけたら運営側へ報告しましょう。

 

Content IDって知ってますか?
youtubeの利用者の増加とともに違法動画も増え対応に間に合わなくなってきたために開発されたのが「content ID」です。
簡単に言うと著作権を効率よく管理するシステムのことです。

 

どんな仕組みか?
著作権保有者(テレビ局やレコード会社など)が音楽や映像コンテンツをcontent IDに登録します。
youtubeに投稿された動画の中に登録されているコンテンツが含まれていれば著作権保有者に連絡がいきます。


連絡を受けた著作権保有者は次の4つの行動を取れます。
・content IDと一致する音声をミュート
・閲覧できないように動画全体をブロック
・動画に広告が表示されるようにして収益化
・その動画の再生に関する統計情報を追跡


よくyoutubeで動画が閲覧できないようにブロックされていますよね。処理されたということです。
著作権保有者が収益化を選択した場合は動画を投稿した人には広告収入が入ることはなく、著作権保有者に6割、youtubeに4割広告収入が入る仕組みになります。

これからyoutubeに動画を投稿しようとしている方は、予期せぬトラブルや被害にあわないためにも知識として頭に入れておいてはいかがでしょうか?