気になる情報あれコレ okilog

気になること知っていたら役に立つ?かもしれない情報をお届け

あなたは大丈夫?睡眠時無呼吸症候群の話

  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?

    安らかに眠っている女 無料写真

    無呼吸とは、10秒以上呼吸が止まってしまうことをいいます。睡眠中に、この無呼吸が1時間に5回以上、または7時間の睡眠中に30回以上ある状態を、睡眠時無呼吸症候群といいます。寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計されています。 この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼすこと。気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるのです。

    睡眠時無呼吸症候群の原因は?

    睡眠中に呼吸が止まってしまう原因は大きく分けて2つあります。 1つ目は、空気の通り道である上気道が物理的に狭くなり、呼吸が止まってしまう閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)。 2つ目は、呼吸中枢の異常による中枢性睡眠時無呼吸タイプ(CSA)です。

    ・ 閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)

    上気道に空気が通る十分なスペースがなくなり呼吸が止まってしまうタイプです。 SAS患者さんのほとんど、9割程度がこの閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)に該当します。 上気道のスペースが狭くなる要因としては、首・喉まわりの脂肪沈着や扁桃肥大のほか、舌根(舌の付け根)、口蓋垂(のどちんこ)、軟口蓋(口腔上壁後方の軟らかい部分)などによる喉・上気道の狭窄が挙げられます。

    ・ 中枢性睡眠時無呼吸タイプ(CSA)

    脳から呼吸指令が出なくなるタイプ脳から呼吸指令が出なくなる呼吸中枢の異常です。睡眠時無呼吸症候群の中でもこのタイプは数%程度です。 肺や胸郭、呼吸筋、末梢神経には異常がないのに、呼吸指令が出ないことにより無呼吸が生じます。OSAと違い、気道は開存したままです。OSAの場合は気道が狭くなって呼吸がしにくくなるため一生懸命呼吸しようと努力しますが、CSAの場合は呼吸しようという努力がみられません。 CSAに陥るメカニズムは様々ですが、心臓の機能が低下した方の場合には30-40%の割合で中枢型の無呼吸がみられるとされています。

    どんな症状?

    ・ 大きないびき

    空気の通り道である上気道が狭くなると、入ってきた空気の抵抗が強まります。その力で気道の狭い部分の粘膜が振動したり、摩擦が起きたりします。それがいびきの原因です。SASではいびきを伴うことが多く、特に無呼吸から呼吸が再開するときに大きないびきが起こります。

    ・ 日中の眠気、熟睡感がない

    正常な方に比べて、深い睡眠がとりにくくなります。脳にも十分な酸素が供給されていないので、寝ているつもりでも実は脳が起きている状態になっています。そのため、熟睡感が得られず、昼間の眠気につながります。

    ・ 起床時の頭痛

    睡眠時間が極端に少なかったときなどに、頭が痛んだ経験のある方は多いと思います。これは脳を十分に休ませられなかったことが原因です。無呼吸でもこれと同じ影響が見られます。それが起床時の頭痛の原因です。

    ・ 集中力や記憶力の低下

    睡眠は頭と身体を休める、身体にとって大変重要な時間です。頭と身体をバランスよくしっかり休めることができないと、日中の集中力や作業効率の低下につながります。

    睡眠時無呼吸症候群の予防法は?

    ・ 適正体重の維持

    どんな病気にも共通しますが、太りすぎないことが重要です。SASは喉や首まわりの脂肪沈着がその発症に大きく関与します。今SASでなくても、顎の大きさによっては少しの体重増加がSASにつながる可能性も。 もし今太っているとしたら、適正体重を目指すよう心掛けましょう。すでに治療中の方にとっては、やせることは治療の一環になります。

    ・ お酒に注意する

    いつもはいびきをかかないのに、お酒を飲んだ日にはいびきをかいてしまう--そんな経験はありませんか? アルコールによって筋肉が弛緩するためです。首や喉まわり、上気道を支える筋肉も例外ではなく、上気道が狭くなる結果、いつもはないいびきが生じるのです。 ただでさえ寝るときは筋肉が緩んでいますので、アルコールが加わればさらに無呼吸に陥るリスクを高めることになります。 定常的な寝酒などは控えるのが賢明です。

    ・ 鼻症状の改善、口呼吸から鼻呼吸へ

    アレルギー性鼻炎副鼻腔炎などの鼻症状がある場合は、本来の鼻呼吸がしにくく口呼吸になるケースがあります。口呼吸の結果、鼻呼吸のときよりも咽頭が狭くなるため上気道が閉塞しやすい状態になります。口呼吸はSAS以外にも様々な病気との関連が示唆されているので、その意味でも鼻呼吸は重要です。 口呼吸をしている方には耳鼻咽喉科の受診をおすすめします